銀座ど真ん中の屋上に究極の緑のプライベート空間 

銀座,緑,レストランウェディング,海外ウェディング,銀座ミツバチプロジェクト

銀座,緑,レストランウェディング,海外ウェディング,銀座ミツバチプロジェクト

銀座四丁目交差点そば中央通りぞいのビルの屋上に、銀座とは思えない屋上緑化されたガーデンがあります。決して広くはないけれど、深い色のウッドデッキと、一面のピンクの壁に美しく映えて広がる植物の緑。奥に続く部屋は、リゾート地のホテルのような雰囲気。『BARRAGAN SWEET(バラガンスウィート)』と名付けられたそのガーデン空間、実は完全なる手作りで、ビルの屋上ごと借りた人物が自ら手掛けて作り変えた、究極のプライベート空間なのです。

 
 

春にはバラが見事に咲きほこり、あの有名な銀座ミツバチプロジェクトのハチさんも来ていたとか。秋は黄色から赤にかけて紅葉するので、緑とはまた違った、ピンクの壁との美しいコントラストが生まれます。

こんな、銀座のど真ん中で四季を感じられ、街の雑踏感は全く感じない究極のプライベート空間を作り上げたのは、SWEET W Tokyo Weddingというウェディングプロデュース会社の代表取締役社長の今林浩一氏。今林氏は本家が植物園という幼いころから植物を身近に感じて育った背景から、とても植物が好きで、ここも、屋上を使わせて欲しいという前提で契約。手作りで全面的に緑化し、ビルの管理人室だった屋上の部屋までもラグジュアリーな空間に作り変えたのです。メキシコを代表する建築家Luis Barragan(ルイス・バラガン)を尊敬し、彼が銀座にいたら、こんなガーデンを創造するであろう事を思い構成したそうで、色のコントラストなど、全体的にどこかのリゾートのような異国情緒あふれる雰囲気。

こんなに素敵な屋上ですが、現在は全くのプライベート空間で、残念ながら一般公開はされていないのす。ですが、この屋上の下の階はSWEET Wのサロンになっているので、時々ウェディングをプロデュースされる花嫁のブライズルームとして使うことがあるそうです。

そんな今林氏の運営するSWEET Wは、レストランウェディングと海外ウェディングのプロデュースを手掛けていて、都内のラグジュアリー系のレストランと100店舗以上と契約。海外ウェディングもスーパーリゾートと言われるような高級リゾートと契約して展開しています。
ウェディングドレスの契約店舗数が日本一なことから、全国からネットで問合わせされるお客様も多く、去年は7000組近いお問い合わせを全国の花嫁からいただいた。
会場のお花も日本を代表するフラワーアーティストの中川聖久氏が専属でフラワーデコレーションを担当という、全てにおいて上質でお洒落なウェディングを提供されています。