スポーツベッティングをプレイするには?

日本国内では、数種類のスポーツベッティングが合法となっており、年間数百万円をスポーツベッティングに費やすというプレイヤーもいます。ほとんどのギャンブルゲームは、日本ではまだ合法化されていませんが、文化的・歴史的に重要な意味をもつ合法ベッティングを楽しむことは可能です。

オンラインベッティング

スポーツベッティングの最大の特徴は、オンラインベッティングが可能なことです。TOTOと競馬のどちらも、オンラインベッティングが可能。この2つは政府に完全認可されており、しっかり規制されているので安心です。スポーツベッティングサイトは、公営化されていないスポーツやイベントのベッティングサービスを提供することはできません。

サッカーや競馬といったスポーツは、オンライン観戦が可能ですが、政府に規制されていない他のスポーツにベッティングしたい場合は、海外のスポーツブックサイトを利用する必要があります。

その他のスポーツベッティングは違法ですが、実際のところ、日本政府は海外サイトの利用者に対し、規制を強いることはできません。というのも、運営が日本ではないので、規制できないのです。法律違反にもなりません。海外のオンラインサイトは日本政府の管轄外であるため、日本人プレイヤーがスポーツベッティングに参加しても、糾弾されたり追いつめるといったことはまずありません。つまり、海外の認可ベッティングサイトなら、新規登録・入金・ベッティングが簡単にできちゃうのです。

ベッティングオッズ

スポーツベッティングは、ほとんどの場合「デシマルオッズ」というルールを使用しています。他のギャンブルには、香港式、アメリカ式、インドネシア式といったさまざまなオッズ形式が存在しているのですが、日本のスポーツベッティングには基準となる形式がありません。

通常のオンラインブックサイトは、プレイヤーにオッズを提示する方法として「10進法オッズ」を採用しています。これは通常「ヨーロピアンオッズ」と呼ばれており、そのシンプルさからヨーロッパ全域、オーストラリア、カナダなどで広く使用されています。

入出金の課題

スポーツベッティング愛好家が直面する最大の問題は、入出金をどうするかということです。よく問題となるのが、その複雑さです。

海外では、プレイヤーはクレジットカードやデビットカードで自由に入出金できますが、日本は違います。多くの銀行は、顧客のクレジットカードやデビットカードがオンラインベッティングサイトに使用されたことに気づいたら、取引を拒否できるのです。

オンラインベッティングの取引は、疑わしい使用としてよくフラグが立てられます。日本でプレイする場合は、SkrillやNetellerといったEウォレット(電子財布)を利用すればそのような問題を回避しやすいです。

アクセシビリティ

今や国内市場に対応しているオンラインスポーツブックサイトも多く、オペレーターによる日本語対応や円通貨を提供するところも数多く存在しています。中にはピンボールなど、私たち日本文化にとって特別なスポーツやアクティビティを提供しているサイトもあります。

オンラインスポーツベッティングが苦手な場合は、Jリーグサッカーの合法ベッティングだけを楽しむこともできますが、その場合は必ず、JリーグサッカープールやTOTOを利用するようにしてください。最高オッズではなくても、安全かつ便利なので、よく理解すれば莫大な配当を得ることも不可能ではありません。