スポーツくじ

October 16, 2020

日本におけるスポーツ賭博の手引き

「日出ずる国」とも呼ばれる日本には、ギャンブルに関する複雑な法律や規制があります。ギャンブルは違法とされています。しかし、スポーツ賭博を楽しむ別の方法もあります。例えば、公営競技、宝くじ、トトなどは、娯楽の一種と考えられており、また国の収益も生み出します。以下は日本で合法とされるスポーツ賭博と、そのルールのリストです。 トト/サッカーくじ Jリーグサッカーくじとも呼ばれ、日本で合法なスポーツくじの1つです。参加するには、公式くじ売り場(数が少ない)や電子ストア、または中古車販売店などで売られているチケットを購入するだけです。トトの良いところは、スポーツの知識が必要ないということです。勝つチームを予想して賭けるだけで、日刊のスポーツ紙にも予想が掲載されています。 競馬: 政府および日本中央競馬会(JRA)の管轄下にある競馬には、障害競走、平地競走、ばんえい競走の3種類があります。JRAは日本全国に10か所の競馬場を持っており、すべて中央競馬場と呼ばれています。秋と春に開催されるレースは、ジャパンカップ、フェブラリーステークス、高松宮記念、安田記念、有馬記念、宝塚記念、そして天皇賞です。政府とJRAの連携により、レースの効率性と競走馬の健康が徹底されています。JRA以外の団体も平日の夜にレースを開催していますが、質の低下から本当のギャンブル好きは近寄りません。競馬をしたいのなら、JRA開催のレースをお勧めします。馬券はオンラインで購入でき、レースはテレビやインターネットを通して携帯から見ることもできます。馬券には様々な種類があり、一度に3頭に賭けるというオプションもあります。 競艇/ボートレース: 競艇は、1952年に誕生した主要なスポーツ賭博競技です。公営競技として、日本全国にある20か所の競艇場でレースが行われます。1レースは約2分で、女性レーサーも同等に参加できます。ボートでは体重が重要な要素となるため、女性レーサーには体重を調整するために重りが足されます。勝者、上位3人のうち1位と2位、または上位3位の順番通りを予想して、投票することができます。 オートレース/バイクレース: 主にギャンブル目的で始まったオートレースは、1950年に誕生し、その後1967年に政府公認となり、ルールが変わりました。レースでは、8人の選手が舗装されたトラックを6周します。競走車は左ハンドルが右より高くなっており、通常ブレーキが付いていません。オッズは、デシマル、分数、マネーラインの3種類から成っています。賞金を手にするには、競技のことをしっかりと理解することが重要です。 まとめ: 日本では、賭博は違法行為とみなされています。しかし、娯楽としてのギャンブルを維持するため、上記のような競技が定期的に開催されています。その他にも、宝くじや違法性の低いパチンコなど多くの賭博があり、 日本に大きな収益をもたらしています。

スポーツくじ