銀座三越のライオン像

銀座三越のライオン像

三越の正面玄関でお客様をお迎えする「ライオン像」。
待ち合わせの場所として親しまれているこの像が誕生したのは大正3年(1914)日本橋三越本店前に設置されたのが始まりです。
この「ライオン像」は、三越百貨店の基礎を築いたとされる当時の支配人、日比翁助が百貨店開設の準備のため欧米を視察したときにイギリスで注文したもので、ロンドンのトラファルガー広場のライオン像をモデルに、英国の彫刻家メリフィールドが型どり、バルトンが鋳造したものです。
完成までに3年の歳月を要したこの仕事はイギリスの彫刻界でも相当な話題となりました。
三越が「百獣の王ライオン」のようにデパート業界に君臨するようにとの念願を込めて設置され、 現在ではその気品と店格を象徴して、三越の象徴的存在でもあり、また、東京名物の一つとしても親しまれています。

所在地 東京都中央区銀座4-6-16