真珠王記念碑

真珠王記念碑

御木本幸吉は安政5年(1858年)三重県鳥羽町に生まれ、行商等をしたのち真珠の養殖に着手。
明治38年其作佳吉の指導を受けてついに真円真珠の養殖に成功し、ただちに「ミキモト・パール」として輸出を始め、その名は世界に知れわたりました。
昭和28年、幸吉翁95歳の時、真珠王の名を馳せた翁の功績に対し、銀座の誇りであるとしてこの碑が建立されました。

所在地 銀座4丁目5-5 ミキモトパールビル