銀座出世地蔵尊

銀座出世地蔵尊

明治のはじめ頃、現在の銀座三原橋辺りを流れていた三十間堀川の工事中に発見されたといわれるお地蔵さま。
地元の鳶の親方が大切に祀っていましたが、戦災の中で再び行方不明に。
その後またひょっこりと見つかったことから、今度こそ行方不明にならないようにと三越屋上に祀られました。
 土の中から見つかったお地蔵さまが、百貨店の屋上まで”出世”したことから「銀座出世地蔵」と呼ばれるようになり、多くの人が出世を願ってお参りされています。
又、現在の銀座において、明治からの面影を伝える貴重なものとして中央区民有文化財に登録されています。

所在地:中央区銀座4-6-16